シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価 - シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価

シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価

シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価をご紹介していきます。

「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーになるのが、ゴルファーの一つの理想です。

球筋の方向性を安定させるための6ポイント欠点について解って頂きたいと思います。

「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーは、
ティーショットで緊張しすぎてコチコチになってしまう事もありません。

さらにセカンドショットも池やバンカーに入ってしまう事もありません。

アイアンでもウッドでも
狙った場所に正確にショットを放つ事が出来ます。

ラウンドする前日に緊張して寝つけないという事もありません。

ラウンドする前の日の夜はズッスリと眠る事が出来す。

さらに実際のラウンド当日の朝も
ゴルフが楽しめる心構えが出来てきます。

充実した気持ちで朝は気持ちよく目覚める事が出来ます。

一般のゴルファーが嫌がるような狭いホールでも、
左右はOBになるが、距離が短いからバーディーを目標にしよう
というような積極的な気持ちでプレーできます。

セカンドショットも打ちやすい平坦な所になりますし、
アイアンショットも方向性が良くなり、
あっさりとパーオン出来るようになります。

ゴルフに対する不安もなくなり、
いつもフェアーウェイを安心して移動できるようになりますし
パーオンの数もすごく増えていきます。

「狙った場所にボールを打つ」ゴルファーはスコアーの安定している、
理想的なゴルファーという事が出来ます。

続きはコチラ  シングルゴルファーの方向性安定プログラム

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。