シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価

« 前の3件  |  -

バーディーやパーで回れます

「狙った場所に打つゴルファー」は、
どのクラブを使っても、
狙った場所に性格にショットを決めていきます。

セカンドショットでグリーンに向かって
スイングするときであっても、
結果はキッチリと決まります。

飛距離が出るけれども不安定なスイングになりがちのばあいには、
正確なショットが出来ないために、
グリーンの周囲にある、バンカーに捕まる事も多くなります。

「狙った場所に打つゴルファー」は正確にグリーンにオン出来ます。

一緒にラウンドしている友人が、
バンカーに捕まっている時でも
アプローチがうまくいかないような状況であっても、
バーディーパットを出来るようになる位安定しています。

余裕をもってバーディーやパーで回れるようになるのが、
「狙った場所に打つゴルファー」の人たちの特徴です。

続きはコチラ  シングルゴルファーの方向性安定プログラム

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドショットが打ちやすくなる

「狙った場所にボールを打つゴルファー」は、
狙いが正確になるので、
フェアーウェイにボールが止まるようになります。

OBになったり、林の中、池の中、バンカーに
ボールがいく事がなくなります。

当然、左右のラフや斜面にボールが行くことも
どんどん少なくなっていきます。

フェアーウェイにあればボールは、
ラフにあるように芝生の中に隠れてしまうこともありません。

絨毯のような手入れの行き届いた
芝の部分に、ボールは丁度いい形で
ボールが止まっていますので、
セカンドショットは狙いが正確になります。

「狙った場所にボールを打つゴルファー」は、
平坦で有利なライからセカンドショットが出来る確率が高いので、
2打目、3打目と安定したショットが打てるようになります。


続きはコチラ  シングルゴルファーの方向性安定プログラム

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛距離を伸ばすことよりも正確なショットを打つ

「狙った場所にボールを打つ」ゴルフの特徴は、
飛距離よりもショットの安定性大切にする点があげられます。

飛距離では「一発の飛ばし屋」ゴルファーに
対抗出来ないのは事実です・

フェアーウェイにボールを打つ回数ば多くなり、
その結果としてランも多くなり
平均飛距離決して劣る事はありません。

飛距離を伸ばす事を目的にするのではなく、
方向性の安定したショットを放ち、
平均飛距離をアップするのが目的です。

「狙った場所にボールを打つ」ゴルフをする事で
とても効率的なゴルフが出来るようになります。


続きはコチラ  シングルゴルファーの方向性安定プログラム

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
« 前の3件  |  -
Copyright © シングルゴルファーの方向性安定プログラムの評価 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。